戦略解説

狂人アピールで人狼に気付いてもらおう!!騙り毎の白黒判定の出し方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
狂人アピール_大阪人狼ラボ

狂人アピールとは、怪しさをアピールすることではありません!!

役職者を騙りにいったときに、村人に怪しまれることなく、「判定で」自分が狂人であることを人狼のみに伝えることを言います。

狂人である自分が占い師として、あるいは霊媒師として出たときに、人間に黒判定を出すか、人狼に白判定を出せば、その役職者が狂人であることが狼目線で確定しますね。

狼は仲間の狼を全て知っていて、それ以外が人間であることが初めからわかっています。

ということは、「人間に黒判定」あるいは「人狼に白判定」をだした役職者が偽物であると、すぐにわかるし、仲間の狼以外の偽物の役職者は、狂人以外あり得ないということです。

一方で、村人は誰が人間か狼かがわからないので、狂人が嘘をついていると判断がつきません。
結果、狼にだけ自分の狂人を透けさせることができる、これを狂人アピールと言うのです!

狼側からすると、自分と仲間が騙りに出ていない役職に2人COがあった場合、狂人と真が出ていることは明白なのですが、どちらが本物かわかりません。

当然、どちらが狂人か分かったほうがゲームを有利に進めることができますね。

なので、狂人で役職を騙る場合は、真を取りに行くことも大切ですが、狂人アピールをして人狼に気付いてもらえるように心がけましょう。

ニセ判定でアピールしよう!!

①霊媒騙り

まず霊媒師に出た場合を考えます。

霊媒師2人が出た場合、対抗は真です。
なので、対抗が吊られたときに、黒判定を出せば必ず狂人アピールが成功します。

かんたんですね!

占い師が、自分もしくは対抗の霊媒師に黒を打った場合、その占い師は偽物=人狼となります。

ということは、その占い師が吊られた場合に白判定を出すことで、必ず狂アピ成功となります。

ちょっとだけ複雑ですが、かんたんですね!

②占い騙り

次に占い師に出た場合を考えましょう。

議論や挙動から狼っぽく見える人に白打ちをし、人狼ではないと踏んだ人に様子を見て黒打ちしましょう。

かんたんですね!

とか言って、僕クラスのレジェンドになれば簡単なのですが、ゲーム開始時点では、感覚によるところも大きいので、必ず狂人アピールを成功させるというのは難しいです。

まあ、センスですね!

吊られた人を自動的に見れる霊媒師と違って、占い師の場合は対抗を占うと怪しまれますし、自分目線確白に黒打ちするといったことがしにくいです。

真占い師が白打ちした人は必ず人間なので、そこに黒打ちすれば必ず狂人アピール成功です。
ただし、完全グレーを占わなかった理由をしっかり説明しなければダメですよ。

潜伏狂人という上級テクもありますが、はじめのうちは狂人になったら騙りにでてみましょう!
役職の真をとりにいくことより、狂人アピールの方に思考の重要度をあげるのが、上達のコツだと思います。

狂人は役職名とは正反対に、とってもロジカルな役職なのです。
狂人がいい仕事をするとかっこいいですよ(`・ω・´)キリッ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人狼ゲームやってみませんか?

毎週月・水・金の夜に大阪で人狼ゲームイベントを開催しています。
初心者歓迎!!18時45分から初心者向けのルール説明も無料で実施中★

詳細は以下のボタンをクリック!!

開催スケジュールを確認する

対面人狼やってます!!
LINEでお問い合わせ