大阪人狼Lab.
2ー2進行の戦略とコツ、立ち回りについて【霊媒結果を考える】
人狼ラボ人狼コラム・人狼ニュース戦略解説2ー2進行の戦略とコツ、立ち回りについて【霊媒結果を考える】

2ー2進行の戦略とコツ、立ち回りについて【霊媒結果を考える】

2ー2進行の戦略とコツ、立ち回りについて【霊媒結果を考える】

2ー2進行はある意味スタンダードな進行といえるでしょう。
占い師、霊媒師ともに真を確定させず、両方に騙りに出ている進行なので、人狼としては騙りを最小限に抑えた無駄のない陣形だからです。

ちなみに、騙りが2人出ている以上、最低でも1人は潜伏していないと、役職のローラーで終わってしまうため、狂人含む人外が3人以上いる時にしか起こり得ない陣形です。

2-2進行における展開

11人村、狂1狼2占1霊1騎1市5の場合で想定しましょう。

この場合想定されるのは、「1ー1、1ー2、2ー1、2ー2、3ー1」のいずれかの進行になります。

1-1の場合、共に真が確定されてしまい、狼を見つけられたら言い逃れできないばかりか、白先を吊り候補から外すことで狼が絞られるので、非常にまずいです。

ですので、人外は最低1人は騙らなければならないのです!!

で、騙りの筆頭が、ローラーされても困らない狂人になります。

1ー2進行は、人外にとってあまり旨みがないので、あまりないですね。
2ー1進行は普通にあり得ますが、霊媒師が確定していることから、占い先の処刑で真偽がバレてしまうので、霊媒師にも騙りがでて2ー2進行とした方が村人に混乱は与えられそうですね。

なお、2-2進行の吊り回数は5回。
5吊り3人外の村となるので、役職者を全ローラーすると、2人外は確実に消えますね。その時点で4縄を使っているため、あと1縄で潜伏狼を処刑できれば村人の勝ちとなります。

役職者の信用勝負を無視して、確実に最終日を迎えるための一つの方法ではありますね。

実際は、カミングアウトの仕方や挙動によって真偽の濃度を決め、全ローラーにはいかないパターンも多々あります。グレーを狭めて潜伏狼を複数回吊りにいく戦略をとる方が多いですね。

2ー2進行【狂人が霊媒を騙るパターン】

この人数の場合、情報の少ない1日目は霊媒師ローラーにいくのがセオリーといってもいいと思います。
基本的には霊媒より占いの方が大事にされますからね。

さて、そこで大切なのが狂人の振る舞い方です。

まず、狼が騙りにでるかどうかを読まなければいけません。

騙りにいかないと読んだなら、2ー1進行にするために占い師に騙りにいかなければならず、2ー2進行になると予想されれば霊媒師で出るのがベストといえます。

何故なら、霊媒師ローラーを想定しているからです。
狂人としては、狼のいる役職をローラーしてほしくないわけで、霊媒に出て犠牲になろうという思惑です。

では、首尾よく霊媒師に出て2ー2進行とすることに成功したとして、霊媒ローラーが始まり最初に対抗が吊られました!!

さあ、このときあなたは霊媒師結果をどう出すべきなのでしょうか?

必ずそうしなければならない訳ではないですが、黒と出すのが無難な選択となります。

まず狂人目線で分かっていることは、対抗の霊媒師は真です。
人狼目線で分かっていることは、霊媒師にでているのは真と狂だということです。

なので、真の霊媒師が出す結果は白になるのです。

つまり、「黒結果をだしているということは狂人だ」と、人狼にだけに伝わるんです。人狼にだけというのがポイントです!!

村人視点では、本当に狼が吊れた可能性と、霊媒結果が嘘の可能性との判断が付かないのです。
これを狂人アピール(略して狂アピ)といいます。村人には内緒で、自分は狂人だよと伝えるわけですね!!

ドキドキですね。

また、黒結果を出すことにより、あなたを真と仮定するなら狼が一匹吊れていることになりますから、霊媒師に狼がでている可能性が若干高くなります。霊媒ローラーを完遂する確率が高まり、狼は吊り縄を逃れることができるというメリットがあるんです。

これらの理由から、霊媒結果を黒と出すことがいかに効率のいい騙りかが分かります。

ただ、霊媒結果の黒出しは、狂人の常套句なので、狂人置きされる可能性もあります。

どないやねん、という感じですが。
人狼ゲームにおいて、確定していない情報にはすべて裏の裏が考えられます。
キリがないので、はじめはセオリーを大事にしましょうね(笑)

2ー2進行【人狼が霊媒を騙るパターン】

今度は、狂人が占い師に、人狼が霊媒師に出た場合を考えましょう。

これも普通に起こり得る進行です。

霊媒ローラーで対抗が吊られました。
この時、騙りの狼は、霊媒結果を白と出すのがベターです。

人狼目線で分かっていることは、対抗霊媒が真であることです。
狂人目線で分かっていることは、霊媒師に真と狼がでていることです。

つまり、狼の方が吊られれば、真は必ず黒結果を出すんですね。

すなわち、「霊媒結果を白と言っている=狼だな」と狂人目線にはっきり分かるので、その後のフォローに期待できます。

狂人の場合と同じく、村人にバレることなく自分の正体を教えることができるのがミソですね。

そしてこれも同じく、白結果を出すことで、真・狂の組み合わせである可能性を示唆できるので、ローラーを回避できる期待が微妙に上がるかもしれません。

裏の裏で、上がらないかもしれません(笑)

関連記事

カテゴリー一覧